2015年04月29日

日々の株価データ(CSV形式)がダウンロードできるサイト[2015年最新版]

日々の株価データをダウンロードできるサイトについての記事は、過去に何度か書いていますが、更新を停止したサイト・再開したサイトなど新しい情報が増え、また新たに発見したサイトなどもありますので整理しておきます。



【無料サイト(毎日更新)】

●株価データダウンロードサイト(k-db.com)
http://k-db.com/


●株価情報(edata-lab.net)
http://www.edatalab.net/kabu/


●無尽蔵
http://www.mujinzou.jp/


●stock-invest-info
http://stockinvestinfo.web.fc2.com/stockdatadownload.html


●hesonogoma.com
http://hesonogoma.com/stocks/japan-all-stock-prices.html


●パンローリング
http://www.panrolling.com/data/index.html




【無料サイト(不定期更新・週一更新)】

●株価データ倉庫
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/9256/data.html#hiasi


●ソフトウェア工房
http://homepage1.nifty.com/hdatelier/data.htm




【有料サイト】

●DATA-GET
http://www.data-get.com/main/


●HEAVENS-DOOR
http://www.heavens-door.jp/




【番外編】
「日次の全銘柄の四本値のcsvファイル」はダウンロードできないものの以下のサイトで日本株の個別銘柄の株価がダウンロードできます。使い方によっては、日々の株価更新に利用できると思われます。(以下は、いずれも「7203トヨタ」の株価です)

※ヤフーファイナスのみ「WKABU株価データ取得プログラム」「株価一括取得ツール(Excel VBA)」というツールを使うことで、その日の全銘柄のCSVファイルを作成できます。

●ヤフーファイナンス
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=7203.T


●google finance
https://www.google.com/finance/historical?q=TYO:7203


●stooq
http://stooq.com/q/d/?s=7203.jp



2015/5/14追記。
上記ダウンロードサイトの特色・データ精度に関する記事を書きました。
もしよろしけばどうぞ。
【主要株価データ配布サイトの特徴】http://4ori.seesaa.net/article/418960081.html
posted by 栞さん at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 便利なサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

ファンダメンタルズ投資

141 : 名無しさん : 2001/06/13(水) 13:29:40
違います。林サンは銘柄選択投資で儲かるのを否定していません。
林サンの言っている銘柄選択投資では儲からないとは、時流株を追うなということです。

「売買において利益になる、損になるという原因のほとんどの部分は『やり方』にある。時流に乗ったかどうか、つまり銘柄の選択が原因であると認められる場合はごくわずかなのである。」株式上達セミナー6ページ

これを見れば分かりますが、林サンは「銘柄の選択」=「時流に乗る株を探す」という意味で使うのです。
林サンは、資産価値からのファンダメンタルズ投資も認めていました。

「ただ、林は技術論者だから(その立場から)、売買のやり方が上手なのに決まっている と言っているし、前にも書いた株式資産論の人たちは、ファンダメンタルズ、テクニカルズの適切な分析と、銘柄についてはタイミングである と言っているのである。どちらも誤りではなく、視点というか立場が違うだけなのである。さらに突っ込んで、資産論の人たちと論争したくはないし、講演をたのまれて行ったときのコーヒー・タイムのときでもなにも聞かなかった。では、なぜ講演に行ったのかというと、講演依頼に来た二人とも、出来るな、という感触があったからである。」株式投資実践論314ページ
posted by 栞さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林輝太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

相場と武道

よく、理屈ばかりくわしくて、実際にやらせてみるとなにもできない人がいる。
確かに空手道には理論も必要であるが、理論よる知識ばかり得てもなんにもならない。
理論と技が並行しなければいけないのである。
かつては「空手に理屈はいらない」として、意味もなく同じことばかりやっていたものであるが、その意味を考え、理論に合った方法で数を重ね、反復することが上達への近道であるといえる。(山口剛玄)

いくら音楽理論にくわしく、高邁な理想をもっていても、演奏技術が稚劣では、演奏家とはいえないはず。
いや、考えてみると、演奏家としての哲学とは、演奏技術を通じてこそ生まれるものなのである。
つまり「やってみなければわからないことをやらない前に“わかろう”とすること自体、無理なのだ」ということである。それを机上の論という。
自分が当事者になってはじめてわかる。世の中はすべてそうであろう。(中略)
だからといって、理論的な勉強が無意味だというのではない。
それどころか、あったほうが「強い」、「しっかりとしてくる」のである。(株式上達セミナーp8)


共通点があるね。


posted by 栞さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林輝太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

1999年以来、15年ぶりの高値

昨日は大納会でした。
アベノミクスが始まって、早二年、今年は堅調でしたが、
来年はどうでしょうか。。
まぁ、相場師は上げても下げても波に乗るだけですが・・。


大納会終値は大幅続落も15年ぶり高値水準 1万7450円で前年末比1159円高

 2014年の大納会となった30日の東京株式市場は大幅続落となった。日経平均株価の終値は、前日比279円07銭安の1万7450円77銭。しかしこの1年間での値動きは1159円46銭高で、大納会終値としては1999年(1万8934円34銭)以来、15年ぶりの高値水準となった。

 昨年の大納会終値は1万6291円で、前年末比では56.7%増、5896円高の大きさとなった。今年は上げ幅は1100円台にとどまったが、2006年末の1万7225円を上回り、1999年末以来となる高値水準をつけた。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000536-san-bus_all


1999年以来って・・・(;-_-)


企業活動が経済を引っ張るわけで、、、強い経済は国力の源。
経済は国を引っ張る。
なんともやりきれませんねー。
posted by 栞さん at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする