2015年05月28日

日本株全銘柄の長期株価データ(CSV)の入手方法

日本株全銘柄の長期株価CSVデータ(10年以上)の入手方法について、現在、私が把握しているものを記録しておきます。



【無料での入手方法】

アルファチャートの株価を利用する[約11年分]
――アルファチャートには全銘柄のCSVを作製する機能がついていますので、それを使う方法。おそらく一番簡単、数秒で全銘柄分作製できます。

――アルファチャートの長期株価は“株価データ倉庫”さんが配布されています(現在、アルファチャート搭載のDL機能では作製不可能です)。

***

ヤフーファイナンスを利用する[約32年]
――「Excel時系列株価取得」というツールを使いますと、指定した銘柄(全銘柄も可能)の1983/1/4からの長期株価データが無料でダウンロードできます。VIP会員にならなければCSVは手に入らないと勘違いしている方がいますが無料でダウンロードできます。

――欠点として、相当に時間がかかる。株式分割が起きた場合、その日に空欄が挿入される(実際にDLしてみて下さい、意味がわかります)。
・2000年以前の株式併合銘柄の係数が記載されてないデータがある。
・東証外国部は、株式分割係数が殆ど記載されてない。
・重複上場で地方市場が主要の場合、地方のデータは優先で見れますが、地方が上場廃止となった途端に地方のデータがなくなり東証の出来高の少なかったデータだけが残ります。
・なくなった地方のデータを追跡するには、“DATA-GET”や“東洋経済株価CD-ROM”を購入する又は“株価データ倉庫”を利用するしかありません。

――長所として、修正後株価が同時に手に入る。30年以上という有料でも手に入り難い超長期の株価が手に入る。

***

パンローリング相場アプリケーションを使う
――パンリーリング相場アプリケーションの長期株価からアルファチャートの長期株価を作製する方法があります(アルファチャート公式サイト参照)。アルファチャートには全銘柄CSVを作製する機能がついていますので、それを利用することで全銘柄長期CSVの作製できます。

――作製してみればわかりますが、なぜかデータに大量の“歯抜け”ができます。VBAなどで修正できる方はいいですが、あまりお薦めできない方法です。




【有料での入手方法】

DATA-GET(1990年〜。5,775円)
――データの精度が高いという噂を聞いたことがありますが詳細は不明。データを抽出するには“excel楽楽テキスト検索”を利用。

***

株価データ倉庫(1983年〜。3,000円)
――株価の分割修正はされてますが、出来高の分割修正はされてません。これは直接業者に確認しました。無料公開版が出来高の修正がされていなかったので(常連さん情報)。

***

東洋経済株価CD-ROM(日足は直近11年。88,000円)
――月足はかなり長期のデータが収録さています(1971年〜)。珍しい年足が収録されています(1949年〜)。価格がちょっと高い。

***

パンローリング相場データCD-ROM(30年分。30,000円)
――詳細不明。パンローリングさんについては、無料データやアプリケーションを使った経験から、データの精度に関してはあまり印象がよくないです。購入前によくよく確認(質問)された方がよいように思います、対応は丁寧ですので。

posted by 栞さん at 18:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 便利なサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WKABU株価データ取得プログラム
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/business/se488675.html

を紹介しておきますね
時系列データの取得期間指定が出来ないという欠点はありますが、動作は軽いソフトです。

時系列データ以外のデータを取得できるのも便利です。
Posted by 梨 at 2016年02月08日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419739661

この記事へのトラックバック