2013年02月19日

中源線建玉法 の売買譜

前回まで、
「できるだけお金をかけずに中源線の大まかな内容をつかむ方法」
を、数回に分けて書きましたが、ついでに中源線の
売買譜が載せてある書籍の一覧も書いておきます。


前回までに紹介した資料と合わせて読解することにより、
さらに中源線の全容が見えてくると思われます。。


ただし、すべて略譜になりますので、
これだけで実際のグラフを作成することはできません。
しかし玉の推移、利益の推移、保有期間などを見ることで、
中源線という手法の雰囲気をつかむことはできるはずです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「中源線建玉法 副読本2000」(著)パンローリング

2.「絶対のパソコン投資術」(著)林知之,後藤康徳,滝沢隆安

3.「株式売買記録と解説」(著)林輝太郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1は、前回紹介した本ですね。
何度も書いていますが、この本は中源線建玉法原本を
読んでいなければ意味がわかりません。
そのことを留意して活用する必要があります。


2は、「2012/12/7…輝太郎先生の推奨本9」で
紹介した本になります。
後藤康徳さんが中源線の検証結果を載せておられます。


3は、複数人の投資家の売買譜を輝太郎先生が
解説している書物で、マニアには有名な物ですが、この本の中に
中源線を利用した売買の比較的長期の売買譜がでてくるのです。
他の方は時系列データとともに掲載されているのですが、
中源線の売買譜のみ略譜になっています。


一般の方が中源線の売買譜を見る機会は、
ほとんど無いように思います。。
(といいますか、連続性のある売買譜自体、
 見る機会は、ほとんどないと思われます)


勉強の助けとなる売買譜は、略譜であったとしても
貴重な資料となるはずです。。



《関連記事》
中源線建玉法 という手法 @
中源線建玉法 という手法 A
中源線建玉法 という手法 B
中源線建玉法 という手法 C
輝太郎先生の推奨本9(絶対のパソコン投資術)
タグ:中源線
posted by 栞さん at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中源線建玉法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
林照太郎さんの名前は聞いたことがありましたが、ちゅうげんせん(pc変換面倒)は知らなかったです。
今日、youtube動画で最近の成績を知りました。
トランプ相場前、2016年はよくないです。

結論は、高いお金を出す必要もなく、詳しく知るほどの魅力ない。意欲も。

株で資産を築くには、自己流で十分と思います。


Posted by 武ちゃん at 2016年12月24日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック