2013年02月13日

中源線建玉法 という手法 A

前回のつづきになります。


中源線建玉法、、、

「これが、どのような手法なのか?」

と申しますと・・・。


























罫線理論の性質上、具体的に書くことはできません、、、
すいませんです。(^^;


ですが、一定の条件(知識量)を満たしていることを前提として、
あまりお金をかけずに、大まかな内容・雰囲気をつかむのに
よい方法がありますので、それを書いていこうと思います。


条件は三つあります。


(1)酒田罫線法(売買法)の基本的考え方を理解している

(2)立花義正さんの売買について大まかなイメージができている

(3)“トレンドフォロー”という単語を聞いて意味がわかる


特に(1)が重要です。
ここでいう酒田罫線法とは、一般的に言われる「三尊」や「孕み足」
などの罫線形や酒田足型のことではありません、酒田新値のことです。
この考え方を知っていることが前提となります。
酒田新値という単語を聞いて意味がわからない方は学ぶ必要があります。
(方法は後で書きます)


ただ、酒田罫線の売買法における分割法・玉の建て方には、
さほど関係がありませんので、知っている必要はありません。
むしろ知っていると混乱のもとになると思います。


(「混乱する」というのは、中源線建玉法原本を読まずに
 既存の知識だけで無理矢理解釈しようとしたならば、、、の話です。。
 両方とも読んでいるのであれば混乱することはありません。)


あくまで酒田罫線の考え方のみです・・細かいルールではなく、
酒田罫線が何をしようしているのか?
何を意図して開発されたのか?
これが重要になるのです。


(2)、(3)は、知っていると、“より良い”というだけで、
そこまで重視する必要はありません。
どちらも株を何年かやっている方なら、
なんとなく勘で、わかるのではないかと、、。(^ー^;


また、検索などで中源線の売買のイメージを大まかに
つかんでおくのも良い影響をもたらすと思います。


では、具体的にどうするのか・・。


次回につづきます。(引っ張りますよー)(^^;



《関連記事》
中源線建玉法 という手法 @
・中源線建玉法 という手法 A
中源線建玉法 という手法 B
中源線建玉法 という手法 C
中源線建玉法 の売買譜
タグ:中源線
posted by 栞さん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中源線建玉法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック