2015年05月28日

日本株全銘柄の長期株価データ(CSV)の入手方法

日本株全銘柄の長期株価CSVデータ(10年以上)の入手方法について、現在、私が把握しているものを記録しておきます。



【無料での入手方法】

アルファチャートの株価を利用する[約11年分]
――アルファチャートには全銘柄のCSVを作製する機能がついていますので、それを使う方法。おそらく一番簡単、数秒で全銘柄分作製できます。

――アルファチャートの長期株価は“株価データ倉庫”さんが配布されています(現在、アルファチャート搭載のDL機能では作製不可能です)。

***

ヤフーファイナンスを利用する[約32年]
――「Excel時系列株価取得」というツールを使いますと、指定した銘柄(全銘柄も可能)の1983/1/4からの長期株価データが無料でダウンロードできます。VIP会員にならなければCSVは手に入らないと勘違いしている方がいますが無料でダウンロードできます。

――欠点として、相当に時間がかかる。株式分割が起きた場合、その日に空欄が挿入される(実際にDLしてみて下さい、意味がわかります)。
・2000年以前の株式併合銘柄の係数が記載されてないデータがある。
・東証外国部は、株式分割係数が殆ど記載されてない。
・重複上場で地方市場が主要の場合、地方のデータは優先で見れますが、地方が上場廃止となった途端に地方のデータがなくなり東証の出来高の少なかったデータだけが残ります。
・なくなった地方のデータを追跡するには、“DATA-GET”や“東洋経済株価CD-ROM”を購入する又は“株価データ倉庫”を利用するしかありません。

――長所として、修正後株価が同時に手に入る。30年以上という有料でも手に入り難い超長期の株価が手に入る。

***

パンローリング相場アプリケーションを使う
――パンリーリング相場アプリケーションの長期株価からアルファチャートの長期株価を作製する方法があります(アルファチャート公式サイト参照)。アルファチャートには全銘柄CSVを作製する機能がついていますので、それを利用することで全銘柄長期CSVの作製できます。

――作製してみればわかりますが、なぜかデータに大量の“歯抜け”ができます。VBAなどで修正できる方はいいですが、あまりお薦めできない方法です。




【有料での入手方法】

DATA-GET(1990年〜。5,775円)
――データの精度が高いという噂を聞いたことがありますが詳細は不明。データを抽出するには“excel楽楽テキスト検索”を利用。

***

株価データ倉庫(1983年〜。3,000円)
――株価の分割修正はされてますが、出来高の分割修正はされてません。これは直接業者に確認しました。無料公開版が出来高の修正がされていなかったので(常連さん情報)。

***

東洋経済株価CD-ROM(日足は直近11年。88,000円)
――月足はかなり長期のデータが収録さています(1971年〜)。珍しい年足が収録されています(1949年〜)。価格がちょっと高い。

***

パンローリング相場データCD-ROM(30年分。30,000円)
――詳細不明。パンローリングさんについては、無料データやアプリケーションを使った経験から、データの精度に関してはあまり印象がよくないです。購入前によくよく確認(質問)された方がよいように思います、対応は丁寧ですので。

posted by 栞さん at 18:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 便利なサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

外国株の株価データをダウンロードできるサイト一覧

当サイトによくレスをくれている常連の方が、外国株の株価データをダウンロードできるサイト一覧と個々のサイトの特徴を調査した記述を残されていかれました。
作製者の方の許可がおりましたので、調査結果の概要を記事として記録しておきます。
外国株への投資をする際に参考となることでしょう。。


(注).以下のデータは私が調べたものではなく、また、その手法などもわかりません。個々人の判断において活用してくださいm(_ _)m 疑問な点があれば、コメント欄で問い合わせれば作成者の方が回答してくれるかもしれません(^^;


海外データをダウンロードするなら、

1.Stooq
http://stooq.com/
・一番精度が高い。
(データ抜けや間違いが殆どない。(まだ見つけてない。))
(長期データ入手可。)
(株式分割係数が分からない。)訂正⇒分割係数対応済でした。
(先日、アムジュンのデータを取り込んだ時、データが分割対応されている事に気付きました。)
(細かく言うと、配当落ち分までは対応されてないようです。)
(ヤフーファイナンスでは、分割係数を見ると対応されている。)
(指数の出来高更新が一日遅れる。)


2.ヤフーファイナンス
http://finance.yahoo.com/
・米ヤフーファイナンスのデータはひどすぎる。特にマイナーな国のデータが。
(例:ドイツのアディダスのデータをダウンロードした時。)
・データがある期間、バサッと抜けている。
・日足が何年間も“同じ期間のデータの繰り返し”となっている。
・出来高が歯抜け状態。
・高値、安値も歯抜け状態。
・高値だけが他の3本値に比べ10倍になっているデータが複数あり。
・データ更新が一週間遅れる。


3.グーグルファイナンス
http://www.google.com/finance?hl=en&tab=ee
・間違いはあるが、ヤフーファイナンスよりは少ない。
(株式分割係数が分からない。)
(ダウンロード出来ない銘柄が多い。)


4.Inversting.com
http://jp.investing.com/
・間違いはあるが、ヤフーファイナンスよりは少ないが、グーグルファイナンスより多い。
(銘柄数が豊富。)
(一部データ更新が遅れる銘柄あり。)
(ダウンロード出来ない。(画面のコピー貼り付けなら、テキストデータ抽出可。)


5.The Wall Street Journal
http://www.wsj.com/asia
(未調査)


6.Nasdaq
http://www.nasdaq.com/
(未調査)


6.Qiandl
https://www.quandl.com/
・主に商品指数。データの抜け有り。
(非会員の方は、ダウンロード数が制限される。)


7.中国株
http://www.znz888.com/stock/
・ダウンロード出来ない。
(データについては未調査)


8.中東のデータ
http://www.marketstoday.net/en/
http://www.freecurrencyrates.com
・ダウンロード出来ない。
(データについては未調査)

posted by 栞さん at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 便利なサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

主要株価データ配布サイトの特徴

4月29日に『日々の株価データ(CSV形式)がダウンロードできるサイト[2015年最新版]』という記事を書き、日本国内の「日々株価データ(csv)」配布サイトの一覧を記しました。


ただ、「日々株価データ(csv)」配布サイトは、無料のものだけでも8箇所もあり、どこを採用すればいいのか悩むところです。。


当サイトによくレスをくれている常連の方が、主要サイトのデータの正確性を調査した資料を作成されていました。
作製者の方の許可がおりましたので、調査結果の概要を記事として記録しておきます。


(注).以下のデータは私が調べたものではなく、また、その手法などもわかりません。個々人の判断において活用してくださいm(_ _)m 疑問な点があれば、コメント欄で問い合わせれば作成者の方が回答してくれるかもしれません(^^;


サイト内データチェック内容(2015/5/8現在)


株価データダウンロードサイト(k-db.com)
・更新時間(15:40〜)
・データ間違いなし。
・名証登録なし。

(欠点)
 名証だけない。
 株式分割修正値が分からない。

(利点)
 株価データサイトの中、データの精度が一番高い。
 株価指数データも入手できる。

***

株価情報(www.edatalab.net/kabu/)
・更新時間(月〜木:16:00〜、金:17:00〜)
・データ間違いなし。
・名証・札証・福証登録なし。

***

無尽蔵(www.mujinzou.jp/)
・更新時間(17:00〜)
・株価の間違いなし。
・札証・福証登録なし。外国部も一部登録なし
・以下間違い。
<名証出来高間違い>
1892 徳倉建
1936 シーキューブ
2467 バルク
3057 ゼットン
3260 エスポア
3384 アークコア
3739 コムシード
3775 ガイアックス
6439 中日鋳
7824 オプトロム
8293 ATグループ
9077 名鉄運
9402 CBC
<東証も出来高間違いほんの数銘柄あり>
<登録モレ銘柄>
3452 ビ−ロット
3694 オプティム
3697 SHIFT
3698 CRI・ミドルウェア
3914 ジグソー
7172 JPインベストメントアドバイザー
8998 SBIライフリビング

***

stock invest info(stockinvestinfo.web.fc2.com/stockdatadownload.html)
・内容は無尽蔵と同じ。

***

hesonogoma.com(hesonogoma.com/stocks/japan-all-stock-prices.html)
・更新時間(15:15〜)
・データ間違いなし。
・ETF・REIT登録なし。
・以下登録モレ
8682 MS・AP・F(REIT?)
8421 信金中央金庫
8301 日 銀
9866 マルキョウ

***

(×)パンローリング(www.panrolling.com/data/)
・更新時間(19:00〜)
・株価・出来高間違い多い。(27銘柄)
・登録モレ多い。(約1000銘柄)
・以下詳細
http://4ori.up.seesaa.net/image/panrolling.html

***

株価データ倉庫(www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/9256/data.html)
・週一更新
・Yahoo financeと内容は同じ。

(欠点)
 株式分割修正値が分からない。

(利点)
 東証に上場する前のデータが入手できる。

***

ソフトウェア工房(homepage1.nifty.com/hdatelier/data.htm)
・不定期更新(約2日遅れで更新)
・データ間違いなし。
・全市場の登録あり。(東証TPMを除く)

***

DATA-GET(www.data-get.com/main/)
・有料サイト
・データ間違いなし。
・札証・福証・外国部登録なし(正確には次のデータが無い。東証TPM、札証、福証、外国部、東証二部指数、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均、東証REAT指数、東証業種別指数。)

(欠点)
 地方市場のデータがない。(札証、福証)
 株式分割修正値が分からない。

(利点)
 データの精度が高い。
 上場市場のすべてのデータが入手できる。(札証、福証を除く)

***

[補足]ヤフーファイナンス
次のデータが無い。東証TPM、東証二部指数、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均、東証REAT指数、東証業種別指数。

(欠点)
 東証に上場し時、過去の市場のデータがなくなる。
 取引ゼロ日のデータは、表示されない。よって日足データが歯抜け状態となるので注意。
・2000年以前の株式併合銘柄の係数が記載されてないデータがある。
・東証外国部は、株式分割係数が殆ど記載されてない。
・重複上場で地方市場が主要の場合、地方のデータは優先で見れますが、地方が上場廃止となった途端に地方のデータがなくなり東証の出来高の少なかったデータだけが残ります。
・なくなった地方のデータを追跡するには、“DATA-GET(有料)”や“東洋経済株価CD-ROM”を購入する又は“株価データ倉庫”を利用するしかありません。

(利点)
 全市場のデータが入手できる。
 株式分割権利落ちの修正値が分かる。



(注1).頭の「◎・○・×・▲」はデータの正確性を加味した推奨度。

(注2).“データの間違い”とは?
・数値の間違いが多いというより、新規上場銘柄の登録モレが見受けられるという事です。(特にETF)
("無尽蔵"と“edatalab.net”だけですけどね。)
・その他、重複市場の銘柄で地方の出来高が多いのに東証のデータを優先されているなどです。
・“無尽蔵”ですが、“名証”の出来高の数値がおかしな時があります。(通常の出来高×100倍表示など。)
posted by 栞さん at 17:39 | Comment(10) | TrackBack(0) | 便利なサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする